2人暮らしはハノイから。

~彼が海外駐在となりベトナムで暮らすこととなりました~

ベトナムへ持って来るべきもの【電化製品前編】

 多くの方が公開している持って行くものリスト。

私も帯同前、沢山の方の持ち物リストを参考にさせて頂きました。

母数は多いに越したことはない!

…ということで、ベトナムで生活し始めての電化製品事情をご紹介します♪

(私の主観がたっぷり入っています。)

そしてこのシリーズに関しては、ハノイに居る限りは時々加筆修正していくつもりです。

 

 

~キッチン家電編~

 

  • 炊飯器 

今使用されているものがあれば持ってくるべきだと思います。

もし、買っていくべきかで悩まれているならまず、アパートメントに備え付けのものの写真をご主人に送ってもらいましょう。

きっと良い感じの物を備え付けてくれてる所もあるんじゃないかな…。

私の所はおばあちゃんちにあるようなタイプで、

・釜の目盛りが最低3合(1升炊き)

・毎回底におこげが出来る

・保温時間が長くなると所々固くて噛めなくなる

の三重苦だったため、日本から持ってきました。

こちらでも炊飯器、いろんな種類が売ってあります、ピンキリです。

勿論日本製のもあるし(割高)、小さい3合炊きみたいなのもありました。

友人はこちらで購入し、帰国の時に他の方に譲っていました。

こちらで買うメリットは

・変圧器を通さなくて済む(私は1500Wまで変圧器を使用中、かなりスペースを取る)

に尽きると思います。また、日本の炊飯器は、浸水時間も含まれているので早炊きモードを選択しても40分くらいかかるのがほとんどですが、この「おばあちゃんちの炊飯器」は20分かからずして炊けます(笑)。なので「やばい!炊くの忘れてた‼」って時は引っ張り出して使っています♪

変圧器を噛ませると寿命が縮む、や、液晶画面がついているものは噛ませられない、などのうわさもありますが、今のところ問題なく使えています。

 


象印 海外向け炊飯器 極め炊き 5合/220-230V NS-YMH10

↑これなら変圧器要らずでジャパンクオリティー!!

…というのも、私はこれの日本版を持ってきたからです(笑)

値段がお手頃で各種炊き分け・予約タイマー…重宝しています。

 

  • ミキサー、ジューサー、フードプロセッサー、ブレンダ―

必要ならこちらで買うことをお勧めします。

シントーやスムージーがどこに行っても飲める国なだけあって、色んな種類が売ってあります。ブラウンやフィリップスなど、海外製の物は日本で買った方が安いです。

しかし、ミキサー・ジューサーに関しては安売り時は700円くらいで買える時もあります(耐久性は不明ですが、ガラスとプラスチックでできているやつ)。

私は持っていたので持ってきましたが(要変圧器)、一度連続使用をしていたら焦げたような変な臭いがモーターの辺りからしだしたので、それからこまめに回す事で対応しています。後程書きますが、モーター使用の家電は注意が必要です!!

 

 これとは別に生クリームや卵白を泡立てるホイッパーも持ってきましたが、そちらは必要Wが少ないらしく心配なく使えます(変圧器、我が家で使う時は炊飯器用のを拝借♪)。

 


パール金属 ハンド ミキサー ブラック ミラクルス D-1124
(要変圧器)

 

  • トースター

オーブンレンジがついていたので持ってきませんでしたが、あると絶対便利。

オーブンで色々焼こうとすると、庫内が温まるまでに時間が掛かるのでついおっくうに。

ココットや、チーズに焼き色を付けたいだけの時にあったらなぁといつも思う。

意外とパンを焼くときはフライパンを使用し事足りていたりする。

 


コイズミ オーブントースター ホワイト KOS-1012/W
(要変圧器)

 ↑日本で使ってたやつ。

安いのに上段・下段・両面の焼き分けが出来るのが本当に優秀。

消費電力 両面:1000W 上面:560W 下面:440Wなので、炊飯器の変圧器と併用でよろしいでしょう。

(両方同時には使えないよ!)

 

  • ホットサンドメーカー

持ってないけど今度日本帰ったら買ってくる、というか今すぐにでも欲しい。

…というのも、食パンがうすーーいのしか手に入らず、薄いがゆえに焼くとパサッパサになる。8枚切りより薄く、サンドイッチ用レベル。

日本ののように何日もしっとりそのまま食べられるものに出会ったことがない…

ゆえに、中の具材の水分で多少蒸し焼きっぽくなるホットサンドメーカーとベトナムの食パンはきっとかなり相性がいいと思う‼

更にもうひと力説すると、こちらはドーナツもワッフルも、甘々orギトギトが多いので私はぜひこれを手に入れて健康的なおやつを食べたいと思います(笑)

(注:先日情報誌で見たのですが、ホーチミンには「リョーユーパン」さんが進出しているとか!?もしかしたら薄い食パンで悩んでいるのはハノイ住みだけなのかもしれません。) 

 


アイリスオーヤマ マルチサンドメーカー プレート3枚(ワッフル ホットサンド ドーナッツ) IMS-703P-W
(要変圧器です)

 

  • ホームベーカリー

駐妻さん所持率高し。ハノイにもおいしいパン屋さん…あります。

正直食べたいときにすぐ買いに行ける場所にお住まいなら要らないと思います。

また、朝食がついているサービスアパートメントも多いので、朝はそこで食べてパンはあまり買わない、という方もいらっしゃいます。

パン屋さんのパン、添加物や保存料(?)が入っていないせいかパサパサになるのが早いんですよね。

ちなみに私が今一番食べたいものは「ロイヤルブレッド」か「ふんわり食パン」です。

ああいう日本のコンビニとかで買える袋パンがこっちにはないなぁ。

 


ツインバード ホームベーカリー ~2斤 ホワイト PY-E631W
(要変圧器ね)

↑パン作り、続くか分からない私がねらっているやつ。

めちゃめちゃお手頃価格で「お米パン」も焼ける優れもの。

次回帰国時には買っちゃうんだろうなぁ…「一時帰国フィーバー」が恐ろしい今日この頃。

 

  • オーブンレンジ

日本から持ち込んでいる方、少数ですがいます♪

オーブン、こちらで購入された方も知ってます♪♪(2万しない位って言ってたかな?)

鳥の丸焼きが焼けるように中央に鉄の棒を設置できるようになっているそうです(笑)!

 

  • 電気ケトル、ポット

ケトルをこちらで購入しました。必要W数がドライヤー並みに高いし、そんなに何台も変圧器を置くわけにはいかなかったので、ベトナム製のやつ。

電気屋さんで20万ドンで購入したら、BigCやMETROで時折10万ドン以下で安売りすることを発見。。。

(日本の物もそうかと思いますが、安いケトルは沸騰するとケトル周りがとても熱くなります。また、倒れた時の安全機能も付いていないので、お子様のいらっしゃる家庭は良いものをお勧めいたします)

 


TESCOM 【海外向け】電気ケトル 220-240V仕様 【780ml】 TKEF50-R

 

  • ホットプレート、たこ焼き機

日本から持ってきました。ホットプレートに関しては、こちらでも結構安くで買えます。ただ、鍋が出来る様な深手のタイプや、たこ焼きプレートまで設置出来る様なタイプになると、急にお値段跳ね上がります。

変圧器必要ですが、炊飯器で使用している1500Wまでのもので、1300W最大連続使用しても今のところ壊れたり変な臭いが出たりはないです(ほんとは危ないのかな…)

たこ焼き機はベトナム人の友人をお招きするときも喜ばれ(もの珍しさ)

駐在仲間の日本人をお招きした時も好評だった(日本だー!という感覚)ので

たこ焼きパーティー、お勧めです(笑)

 


タイガー ホットプレート 平面 たこ焼き 焼肉 プレート 3枚 タイプ 蓋付き ブラウン これ1台 CRV-A300-T Tiger

 

  • 冷蔵庫(冷凍庫)

 1台はレジデンス備え付けの物があると思いますが、2台持ちしてる方もいらっしゃいます。

…というのも、一時帰国から戻る時に日本から沢山持って帰って来る食料が、備え付けの冷凍庫だと入りきらないんです…(°_°)

また、どこからか小蝿が湧きやすく、粉物などが悲惨なことになりやすいので(またまたぁーと思っていたら私も恐ろしい目に遭いました)、冷蔵庫にしまってらっしゃる方も多いと思います。

こちらで購入される方もいますし、日本から持ってきている方もいました!(要変圧器)

先日代々受け継がれて使われているという冷蔵庫を拝見する機会があったのですが、1996年製でした…。日本のもので、もちろん変圧器通してましたよ…寿命縮む説はいづこへ…(笑)

 

  • キッチンスケール(はかり)
  • 料理用温度計
かなり地味だけど、こちらではデジタルの物を売ってある場所が限られるし、日本で購入した方が安いので持ってきた方がいいと思います!
デジタルでないはかりは、METROに売ってあるのを見ました(20万ドンくらいだったはず)、市場のおばちゃんが使ってる緑のやつです♪
 


タニタ デジタルクッキングスケール 1kg ホワイト KD-187-WH

タニタ スティック温度計 グリーン TT-533-GR

 
 
…気の向くままに書いていたところ、キッチン家電だけで結構な長さになってしまったので一度切ります。
 
そして、「ですます」だったり、「〜だ!」と言い切ったりが混在してるっていう…自由にやり過ぎたかも(笑)
電化製品中編に続きます〜

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村